MENU

ICT教育マインクラフトを使ったICT教室

プログラミング教室からICT教室へ

ICTとはInformacition and Communication Technology」の略称で、日本語では「情報通信技術」と訳されており、インターネットを利用した産業やサービス、コミュニケーションツールなどを相称して使われることが多い言葉です。

現在、教育現場でもパソコンやプロジェクタ、電子黒板などのICT機器と呼ばれるハードウェアから、Cラーニング、デジタル教科書、学習用ソフトウェアを導入し、ICT教育が行われています。

なぜ、マインクラフトなのか?

マインクラフトは、人気YouTuberをはじめ、世界中の人に楽しまれており、プレシャスONEに通う子どもたちからも絶大な人気を誇っております。

建物や街を創造したり、広大なマップを餓死や敵から身を守りながらサバイバルしたりする中で、プログラミング的な思考力(順序立てて考える力)が育まれます。教育効果の高いツールとして一部の学校教育にも取り入れられています。

  • チーム内でのゲームを通したパソコン操作でICT的コミュニケーション力を養います
  • テーマを実現するうえでの計画性、実現性、状況に応じた対応力などを養います
  • 紆余曲折するチーム作業を通して社会的な協調性を育んでいきます

ICT教室開催中です!

  • 開催日:毎週、火曜日と木曜日の16時~17時
  • 追加利用料:(ご希望者は週1回で1か月料金) 特別受講料1名につき1,000円の追加料金をお願いいたします。
私達のめざすもの

私たちは、人とのコミュニケーションは苦手でも、コンピューターとのコミュニケーションは得意で、人の考え方はうまく理解できなくても、コンピューターの考え方はすんなり理解できてしまう子ども達を多く見かけてきました。対人コミュニケーションが苦手でも、コンピューター相手のコミュニケーションで将来生計を立てる子ども達が現れるかもしれない。プレシャスONEのすべての子ども達がプログラミンに興味を持つとは限りませんが、いろいろな体験教育の中で、キラッと光るものを発見でき、その子のペースで伸ばしてあげられたらと願っています。

ict教室

最初に決められたテーマを達成するためにグループのリーダーが作業計画・割り振りなどを組んで行きます。

ict教室

今回のテーマは「豪華な家を作ろう!」彼は城の外壁や基礎を作る担当として働きます。テーブルを囲んでの協同作業を行います。

ict教室

彼女は障害物の除去や、内装、コーディネイト関係などを決める枠割を担います。自然に適材適所のフォーマットが生まれていきます。

発達障害とプログラミングの関係性

発達障害とプログラミングの可能性

『大学教授、発達障害の子を育てる』の著者 岡嶋裕史氏より

発達障害の子の教育について、岡嶋さんは自分自身も学校に適応できなかった発達障害児であったことの経験からプログラミングをすすめる。
プログラミングというと、引きこもって一人で行う孤独な作業のように思われるかもしれないが、あれは一種のコミュニケーションだ。コンピューターの立場に立ってコンピューターの言葉で、コンピューターにしてほしいことを伝えるのがプログラミングだ。人とのコミュニケーションは苦手でも、コンピュータとのコミュニケーションは得意だったり、人の考え方はうまく理解できなくても、コンピュータの考え方はすんなり理解できてしまう子は確実に存在する。そして、そのクラスタの中に、けっこう多くの自閉圏の子が存在している気がするのである。

対人コミュニケーションが苦手でも、コンピュータ相手のコミュニケーションで生計を立てていってもいいと思うのだ。私は、自閉スペクトラムの子にも、できれば何か楽しい仕事を見つけて、この国を支える側の人になって欲しいと思うし、その受け皿としてIT業界が機能するのであれば、こんなに嬉しいことはない。

〒805-0019
福岡県北九州市八幡東区中央2-14-20
TEL:093‐616‐7012 FAX:093‐616‐7014

一般社団法人ライフアゲイン

一般社団法人ライフアゲイン